デザイナーの頭の中

クライアント様からお仕事を依頼され、その内容を聞きながら、頭の中でどのようなデザインにするか、出来上がりをある程度完成させます。嫁に言わすと特殊能力なのだそうです。「話を聞いてデザインされた完成形が脳に浮かぶ能力」。(笑)
デザインは産みの苦しみといいますが、アイデアが浮かばないときは全く浮かばないし、逆にパッとすぐ降りてくるときもあるし。自分は今までの経験や知識が頭の引き出しの中にあるので、割と早く浮かぶほうですが、完成形が浮かべば、後はそれに向かって、パソコンで作業するというのが仕事の流れです。
現在、5つの仕事を受注しているとして、頭の中では同時に5つのデザインを完成させるべく働いていて、それに加え日々の生活、テレビ見たり、雑誌読んだり、スマホいじったりしながらも頭のかたすみではデザインを考えているような生活をしています。まるで頭の中には5人の自分がいて、それぞれ別々なことを考えながら自分本体の器に収まっているような感じなので、AB型の多重人格な性格はデザイナーに向いているのかもしれません。(笑)